胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃炎は、胃の粘膜が炎症を起こしている状態のことで、胃の痛み・不快感・吐き気・嘔吐などの症状を引き起こす日常的によく見られる病気です。

刺激の強い飲食物(カフェインや香辛料など)の摂り過ぎ、喫煙、ストレス、薬の副作用、感染症、食物アレルギー、寄生虫、ピロリ菌など様々な要因によって起こります。

一方、胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃酸の強い刺激により胃や十二指腸の粘膜が深く傷ついてしまった状態です。胃潰瘍では食後、十二指腸潰瘍では空腹時に、みぞおちの痛みが現れる事が多いです。潰瘍が進行すると大出血や穿孔(胃や十二指腸の壁に穴があく)を生じ、緊急手術が必要になることもあります。

また、慢性胃炎の状態が長期化すると、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんを発症する可能性が高くなることが報告されています。

胃の不調が続いている方、胃の痛みでお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍」の症状は?

胃炎

胃炎は30代以降の発症が多く、症状と病態によって「急性胃炎」と「慢性胃炎」に分けられます。胃粘膜の炎症状態が続くことで、次第に悪化し、別の病気を引き起こす事があります。

  • 急性胃炎
  • 様々な要因により胃の粘膜が急激に炎症を起こした状態です。胃が荒れる原因が起こってから短期間で、みぞおちの痛み、不快感、胃の膨満感・むかつき、吐き気、食欲不振の症状が現れます。また、内視鏡検査を行った結果、胃粘膜に異常があり、急性胃炎・急性潰瘍を伴うものを総称し、急性胃粘膜病変(Acute Gastric Mucosal Lesion; AGML)と言います。

  • 慢性胃炎
  • 胃への刺激が持続的に起こる事で、慢性的に炎症を起こしている状態です。粘膜の状態により、表層性胃炎、びらん性胃炎、萎縮性胃炎、肥厚性胃炎などに分類されます。その中でも、一番多いのは「萎縮性胃炎」です。慢性的な炎症により、胃液や胃酸を分泌する組織が減り、胃粘膜自体が萎縮して薄くなってしまった状態です。胃液が十分に分泌されないので、消化不良や胃もたれを感じる事があります。この胃粘膜の萎縮の主な原因は、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染です。「ヘリコバクター・ピロリ感染性胃炎」とも呼ばれ、ピロリ菌感染が長く続く事で炎症範囲が胃全体へと広がった状態です。胃の不快感・痛み、むかつき・もたれ、食欲不振の原因となる事がありますが、全く自覚症状を感じない場合もあります。

    ピロリ菌の記事はこちら

    また、胃粘膜の萎縮が長期的に続くと、胃がんを発症する可能性が高くなります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の壁が深く傷ついた状態です。胃潰瘍は、「食事中~食後3~4時間」、十二指腸潰瘍は、「夕方・夜間の空腹時」にみぞおちの痛みを感じる事が多いです。 潰瘍から出血した場合、吐血(血を吐く)や下血(コールタール状の黒い便)がみられます。さらに胃や十二指腸に穴が開く(穿孔)と腹腔内に食べ物が漏れて強烈な痛みを伴う腹膜炎を発症します。

「胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍」の原因は?

私たちの胃は、食べ物が入ってくると、消化するための強い胃酸と消化酵素を含んだ胃液(攻撃因子)を分泌します。それと同時に胃粘膜を保護する粘液(防御因子)も分泌して、胃の中のバランスを保っています。

このバランスが崩れると、胃粘膜に炎症が起きやすくなり胃炎の原因となったり、強い胃酸や消化酵素によって胃や十二指腸の壁を深く傷つけて胃潰瘍・十二指腸潰瘍を引き起こします。

胃炎の原因

次のような刺激が原因となって、胃の粘膜に炎症が生じます。


過度なストレス・睡眠不足・疲労


食生活・生活習慣の乱れ


アルコール・タバコなどの嗜好品やカフェイン・香辛料など刺激物の摂り過ぎ


風邪薬・鎮痛剤(非ステロイド性抗炎症薬)の長期間服用による副作用

※アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬は、胃粘膜を保護する物質(プロスタグランジン)を抑制する働きを持つ。

寄生虫感染(アニサキスなど)


感染症や食物アレルギー反応の一部


ヘリコバクター・ピロリ菌の感染



胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃酸(攻撃因子)と胃粘液(防御因子)のバランスが崩れる事で発生します。このバランスを崩す原因として、過度なストレス・睡眠不足・疲労による自律神経の乱れ、刺激物の摂取、喫煙などが挙げられます

さらに「ピロリ菌感染」や「非ステロイド性抗炎症薬の長期服用」がある方には、より潰瘍が発生しやすくなります。(胃潰瘍を生じた方の70〜90%にピロリ菌が認められています。)

「胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍」の検査・診断について

問診の結果、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍が疑われる場合、主に上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で胃粘膜の状態を確認します。

問診

自覚症状や発症時期など、詳しくお伺いします。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

口または鼻から細いファイバーを入れて、胃粘膜の炎症具合、潰瘍があるかどうかを確認します。 また、内視鏡検査の際、必要に応じ胃粘膜組織の一部を採取した組織検査・ピロリ菌感染検査を同時に行うことがあります。

当院の内視鏡検査は、消化器内視鏡専門医である院長が担当し、口から挿入する経口内視鏡と、鼻から挿入する経鼻内視鏡のどちらも対応可能です。ただし、出血が疑われる場合、経鼻内視鏡では止血処置ができないため、経口内視鏡検査となります。ご希望があれば、鎮静剤を使用しての内視鏡検査も可能です。

その他の病気と鑑別するために、血液検査・腹部レントゲン写真、腹部CT検査、腹部超音波検査(エコー検査)などを組み合わせて検査することもあります。上部消化管造影検査(バリウム検査)も実施可能ですが、より詳細な観察が可能な内視鏡検査をお勧めしています。


「胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍」の治療について

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の基本治療は、内服薬による薬物治療です。ただし、潰瘍による出血が見られる場合には、先に内視鏡下での止血処置が必要となります。

また、検査の結果、ピロリ菌に感染している場合は、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療後、再発防止・がん予防のために除菌治療を行うことをおすすめします。

薬物治療

  • 胃酸の分泌を抑える薬
  • ・プロトンポンプ阻害薬(PPI):ネキシウム®、パリエット®、タケプロン®など

    ・カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB):タケキャブ®

    ・H2ブロッカー:アシノン®、プロテカジン®など

  • 胃粘膜を保護する薬
  • ・レバミピド(ムコスタ®)、テプレノン(セルベックス®)など

  • 胃腸の運動を活発にする薬
  • ・六君子湯、モサプリドクエン酸塩水和物(ガスモチン®)など

腹痛や貧血などの症状が強い場合、潰瘍が大きい場合、大量の出血を伴う場合などには、入院加療が必要となることもあります。
※必要に応じ、対応する病院をご紹介します。

ピロリ菌除菌治療

ピロリ菌感染が判明した場合、除菌治療を行います。
3種類の薬(胃薬1種類・抗生物質2種類)を1日2回ずつ、7日間服用します。 服用後8週間以上あけてから、尿素呼気検査などで効果判定を行います。

1次除菌治療の除菌成功率は70~80%です。もし1次除菌が不成功の場合でも再度治療(2次・3次・4次除菌)を行います。※3次除菌以降は自費治療となります。

ピロリ菌の記事はこちら

内視鏡的止血術

胃カメラ検査で潰瘍部分からの出血や出血後の露出した血管が見つかった場合には、ホチキスのようなもので止血を行うクリッピング処置や、出血付近に薬を注入する処置を行います。

薬の中止や変更

非ステロイド性抗炎症薬の長期服用による「薬剤性潰瘍」が明らかな場合には、主治医に相談して、胃障害の少ない薬(COX-2選択的阻害薬)に変更、または服用を中止するようにします。

よくあるご質問

「胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍」と診断されて、気を付けることは?

  • 悪化要因を取り除き、規則正しい生活を送る
  • 胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、日頃の生活習慣が発症および症状悪化に深くかかわっています。薬物治療を行いながら、同時にストレス回避や暴飲暴食を避ける、喫煙を控えるなど日常生活の改善を行うことが大切です。

  • 処方されたお薬をきちんと、指示通り飲む
  • 薬物療法を開始すると、数日~1週間前後で自覚症状が落ち着いてきますが、自己判断で服薬を中止してはいけません。胃の炎症など病変部分の改善には、約2週間~8週間と、少し時間がかかります。焦らず服薬を続けましょう。

  • 症状の悪化や合併症に注意する
  • 潰瘍から出血すると、吐血や下血以外にもめまい・動悸・貧血など見られることがあります。特に激しい腹痛が現れた場合、潰瘍が深くなり穴が開いている可能性があります。昼夜問わず、すぐに医療機関を受診してください。

まとめ

「日本人の胃は繊細」と表現されることもあるように、日本人は昔から胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍など胃の病気が多い民族です。

胃炎は、食生活の乱れやストレスといった、よくある生活習慣から起こります。 一時的な暴飲暴食・ストレスなどの場合、胃粘膜を刺激する原因を控え、数日安静にしているだけで症状が治る方も多いので、軽い病気と思われがちです。 しかし、胃粘膜の炎症が長く続くと、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍など、別の病気を引き起こすことがあります。

胃腸の不調が続く場合には放置せず、医療機関できちんと検査することが大切です。 また、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状は、薬物治療と生活習慣の見直しによって、改善が期待できますが、ピロリ菌に感染している方は、再発予防のため除菌治療を行うことをおすすめします。

胃アニサキスとは?

アニサキスとは、寄生虫(線虫)の一種であり、魚介類やイルカ、クジラの体内に生息します。幼虫は、サバ・アジ・イワシ・サンマなどの青魚や、イカ・サケなどに寄生しており、その刺身を食べることで、人間の体内に入りこみアニサキス症を発症します。

<症状>
生の魚を食べたあと数時間で、激しい胃の痛みや吐き気・嘔吐などの症状が現れます。 胃内に入り込んだアニサキスは、胃の粘膜に虫体の先端を突き刺します。激しい痛みは、突き刺さっている事で起きていそうですが、実際はアレルギー反応によって起こっているとされています。 また、胃壁に突き刺さっていない場合でも、じんま疹やアナフィラキシーショックなどのアレルギー症状を起こす事があります。

<治療>
発症早期であれば、胃壁に食い込んだアニサキスを胃カメラで摘出します。

<予防>
アニサキスは十分な加熱(70℃以上もしくは60℃で1分)や冷凍(−20℃で24時間以上)で死んでしまうので、火を通したものや冷凍保存されたものを食べれば安全です。 アニサキス幼虫は寄生している宿主の魚が死んで時間が経過すると、内臓から筋肉に移動します。魚を調理する時は、新鮮なうちに速やかに内臓を取り除き、内臓は生で食べないようにしましょう。 アニサキスの大きさは約2cmくらいであり、肉眼でも確認する事が出来ますので、生魚を食べるときには十分に注意しましょう。