クリニック紹介

院内マップ

1階

* 待合室 CT室 処置室 リハビリテーションルーム 診察室2 レントゲン室 待合ホール 受付 診察室

* 待合室 CT室 処置室 リハビリテーションルーム 診察室2 レントゲン室 待合ホール 受付 診察室

2階

* 診察室 内視鏡室 大腸検査準備室 検査準備コーナー リカバリールーム 点滴室 待合室

* 診察室 内視鏡室 大腸検査準備室 検査準備コーナー リカバリールーム 点滴室 待合室

クリック

  • 2階のマップを見る1階のマップを見る
  • 1階のマップを見る2階のマップを見る

虫めがねマークを押すと写真が表示されます

    

安心・やさしい院内施設

院内処方

受付
来院されましたら、まずはこちらに診察券と保険証をお出しください。また、当院では、院内処方でお薬をお渡しすることができるため、薬局に行く手間が省けます。

待合室

待合室
曲線を描いた大きな窓から日が差し込む明るい待合室です。緊張してしまいがちな待ち時間も、清潔に保たれた落ち着きある空間で、
リラックスしてお待ち頂けます。

2階待合室

2階待合室
2階待合室ではゆったりとしたソファーでお過ごしください。

1階 第1、第2診察室

2階 第3診察室

  • *
  • *
診察室
1階に2部屋、2階に1部屋ご用意している診察室は、プライバシーへの配慮に努めた空間です。
不安なことや分からないことなど、お気軽にお話しください。
  • 処置室

    処置室
    処置室のベッドは高さの調節ができ、お子様からお年寄りまで無理なく使用できます。
  • 点滴室

    点滴室
    静かな2階にあるため、ゆっくり横になって点滴を受けて頂けます。
  • レントゲン室

    レントゲン室
    体の様々な部位のレントゲン撮影を行います。
  • リハビリテーションルーム

    リハビリテーション
    ルーム
    広い部屋でリハビリを受けて頂けます。

CT室

CT室
マルチスライスCT(16列)と、骨密度測定装置が設置された検査室です。また、CTを受けられる方がお待ち頂けるよう、待合室も設けていますのでご利用ください。
  • *
  • *
  • *
バリアフリー
院内は完全バリアフリー設計です。エレベーターも完備しており、2階へもスムーズに移動して頂けます。
また、男女別、さらに車椅子やベビーカーでお越しの方もそのまま入ることができるお手洗いもご用意しております。

胃・大腸の内視鏡検査を受けていただけます 内視鏡センター

内視鏡センターでは、内視鏡検査室をはじめ、専用の準備室、リカバリールーム、トイレを設けており、
内視鏡検査を受ける患者様に快適にご利用頂ける環境となっております。
鎮静剤も使用する事ができ、苦痛を軽減させた内視鏡検査を受けて頂けます。

*

消化器内視鏡専門医が行う内視鏡検査

内視鏡室
最新のハイビジョン内視鏡システムを使用し、高精度で安全な
「やさしい内視鏡検査」を行っております。
リカバリールーム
リカバリールーム
鎮静剤を使用した場合など、
ストレッチャーのままで
検査室から移動し、
ゆっくり休んで頂けます。
  • 大腸検査準備室

    大腸検査準備室
    落ち着いた個室にて、
    検査の準備を
    して頂けます。
  • 検査準備コーナー

    検査準備コーナー
    こちらのスペースでも検査前の
    準備をして頂くことが可能です。
  • トイレ

    トイレ
    バリアフリーの広々としたトイレです。
    車椅子の方もご利用頂けます。

スタッフ紹介

院長 榊原 一貴
院長 榊原 一貴

春日井市にて地域の皆様に支えられて診療を続けて参りました「榊原外科」ですが、平成28年7月1日より、私 榊原一貴が先代から責任ある院長を引き継ぎ、
医院名を「さかきばらクリニック」と変更して新たな一歩を踏み出す事となりました。
私は臨床研修終了後、外科医として様々な手術を経験した後、胃腸専門病院にて、胃カメラ、大腸カメラといった内視鏡検査を数多く実施してきました。
今後は、それらの経験を活かし、これまで以上に地域の皆様のお役に立てるかかりつけ医として、尽力して参ります。
地域の皆様の健康を守るために、内科・外科を問わず、どんなことでも気軽に相談いただけるクリニックを目指しております。風邪 、ケガ、検診、予防接種、内視鏡検査など、まずはお気軽に相談してください。
様々な角度から皆様の健康にお役立ち出来るよう、スタッフ一同努力して参ります。よろしくお願い致します。

クリニック・ドクターについての情報はこちら

略歴
・平成16年 名古屋市立大学医学部 卒業
・名古屋市立大学第2外科 入局
・トヨタ記念病院 臨床研修医
・トヨタ記念病院 外科
・大垣徳洲会病院 外科
・名古屋市立城北病院 外科
・名古屋市立西部医療センター 外科
・中野胃腸病院
・平成28年 さかきばらクリニック 院長
資格
・日本外科学会専門医
・日本消化器内視鏡学会専門医
・日本医師会認定産業医
・日本医師会認定健康スポーツ医
所属学会
  • ・日本外科学会
  • ・日本臨床外科学会
  • ・日本消化器内視鏡学会
  • ・日本消化器外科学会
  • ・日本大腸肛門病学会
  • ・日本消化器病学会
名誉院長 榊原 一基
名誉院長 榊原 一基

当院は昭和59年(1984年)春日井市稲口町(現在、如意申町に町名変更)に『榊原外科』として、17床の有床診療所で開院いたしました。
以後、救急医療を始めとし地域に根ざした気軽に診療を受けられる診療所を目指して努力してまいりました。また、在宅での診療にも心がけ、地域の『かかりつけ医』としてお役に立てるよう目指してまいりました。これまで、多くの患者様に支えて頂いたおかげで当院は開設後32年が経過いたしました。
平成28年7月1日より、新たに「さかきばらクリニック」として生まれ変わりました。今までの外科、整形外科、内科の領域に加え、胃大腸内視鏡検査にも力を入れ、
新しい院長のもと職員一丸となってこの春日井という地域の皆様から愛され、信頼されるクリニックになるよう日々努めてまいります。

略歴
・昭和50年 名古屋市立大学医学部 卒業
・名古屋市立大学第2外科 入局
・昭和59年 医療法人 榊原外科 開院
資格
・医学博士
・日本医師会認定産業医
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
診療放射線技師
元:名古屋市立大学病院 中央放射線部 技師長
診療放射線技師
元:春日井市民病院放射線技術室 室長

設備案内

治療・診断機器

胃・大腸の内視鏡検査

胃・大腸の内視鏡検査

ハイビジョン内視鏡システム

内視鏡システム

胃や大腸の中を内視鏡(カメラ)で観察する検査です。最新のハイビジョン内視鏡システムを使用し、病気の早期発見・早期治療を目指します。
胃カメラは、口から挿入する経口内視鏡と、鼻から挿入する経鼻内視鏡、どちらでも検査可能です。希望により鎮静剤を使用する事も出来ます。日帰り大腸ポリープ切除も行っております。

消化器内視鏡専門医が行う「内視鏡検査」

患者さんの安全のために、感染を徹底予防

繰り返し使用される内視鏡による病原菌の感染を防ぐためには、
患者さんごと、使用ごとで、短時間の内に徹底した洗浄・消毒を行うことが重要になります。
常に清潔で感染の心配の無い内視鏡検査を実施するために、
細心の注意をはらった衛生管理に取り組んでおります。

内視鏡の洗浄・消毒・乾燥・保管

より効果的な消毒を行う上で欠かせない洗浄を、手洗いだけでなく機械でも行います。また、当院では2本の内視鏡を同時に、短時間で洗浄・消毒できる、専用の自動洗浄装置を導入しています。

迅速に乾燥させたら、清潔な状態で保管します。

  • ベッドサイドでの洗浄・消毒

  • *
  • 流し台(シンク内)での
    洗浄・消毒

  • *
  • 内視鏡自動洗浄装置での
    洗浄・消毒

    内視鏡の洗浄

    より効果的な消毒を行う上で欠かせない洗浄を、手洗いだけでなく機械でも行います。また、当院では2本の内視鏡を同時に、短時間で洗浄・消毒できる、専用の自動洗浄装置を導入しています。

  • *
  • 乾燥・保管

    迅速に乾燥させたら、清潔な状態で
    保管します。

より早く・正確・安全な検査をご提供

より早く・正確・安全な検査を
ご提供

マルチスライスCT(16列)

マルチスライスCT

横になっていただくだけで、頭部、胸部、腹部の断層像(輪切り画像)が、短時間で高精細に撮影できます。
より正確な診断を可能にするために、当院の医師だけでなく、有限会社ラジオロネット東海の画像診断専門医(日本医学放射線学会放射線科専門医)との二重読影を行っております。
また、当院が導入しているCTは、従来と比較して最大で75%も被ばく線量を減らすことができ、患者さんの安心・安全にも配慮しております。
胸部CTによる肺ドックも行っています。予約なしで受けて頂く事ができます。

低被曝での撮影が可能

患者さんの体型や撮影部位に合わせて線量を連続的に自動調節し、最適線量で撮影ができるようになります。

骨量の減少を改善し、骨折リスクを減少

骨量の減少を改善し、
骨折リスクを減少

全身型骨密度測定装置

全身型骨密度測定装置

腰椎および大腿骨で骨密度を測定する(DXA法)、春日井市内でも導入施設のまだ少ない骨密度測定装置です。従来当院にて使用していた踵(かかと)で測る超音波法とは測定方法が異なり、より精度の高い、正確な骨粗鬆症の診断・治療を行うことができます。骨粗鬆症の予防と治療のガイドラインでも推奨されている方法です。
腰椎や大腿骨は骨粗鬆症により骨折を起こしやすい場所であり、骨折を生じた場合は日常生活に大きな支障を来します。骨粗鬆症の早期発見・治療を行う事で、大きな骨折を予防する事ができます。
測定は約10分以内で、痛みもありません。測定後、当日に結果説明をさせて頂きます。検査の予約は不要です。

日本の骨粗鬆症の患者は、自覚症状のない未受診者も含めて約1,200万人と推定され、80%が女性です

骨粗鬆症は高齢者のみの病気ではありません。
ダイエットによる栄養不足や、喫煙、過度の飲酒などの生活習慣も原因として考えられており、男性も注意が必要です。
初期段階は自覚症状がなく、骨折して初めて気付くことも…。早く気付いて予防するために、まずは検査を受けましょう。
  • 超音波診断装置(エコー)

    超音波診断装置(エコー)
    体表面に超音波をあて、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などの臓器の他に、乳腺や甲状腺、血管の状態を調べます。乳腺エコーによる乳がん検診も行っています。
  • 高感度インフルエンザ検出装置

    高感度インフルエンザ検出装置
    高感度の検出システムにより、発症から間もない時期でもインフルンザの診断が可能です。

  • ウォーターベッド

    ウォーターベッド
    水圧刺激により、肩から腰、下肢にかけての筋肉・腱・靭帯のコリをやさしくほぐし、血行の改善を促進します。リラクゼーション効果に優れています。
  • 半導体レーザー

    半導体レーザー
    関節痛、肩こり、五十肩、腰痛などの痛みの治療に使用します。レーザーにより熱や痛みを感じる事はありません。
  • 頚椎・腰椎牽引装置

    頚椎・腰椎牽引装置
    腰椎や頸椎の軽度の変形を矯正し、神経の圧迫を取り除き、血流を改善して、痛みを和らげます。

他にも、SSP療法器(低周波ツボ刺激療法)や
マイクロ波治療器、低周波治療器などによるリハビリを受けていただく事が出来ます。

その他の機器

  • AED(自動体外型除細動器)

    AED(自動体外型除細動器)
    受付内に設置してあります。万が一の時はスタッフにお問いかけください。

愛知県春日井市のさかきばらクリニック

ページの先頭へ戻る